お出かけ

川でのバーベキューに必要な持ち物とは?あると便利なアイテム5選!

暑い季節ともなると、野外でのバーベキューはもはや定番ですよね。
最近では、色々なレジャー施設でバーベキュー器具を貸し出しているところも多くなってきましたが、
それでもまだまだ一部であり自分で器具を持参しないといけない場所は少なくありません。

なので今回は「川」でのバーベキューに必要な持ち物をピックアップしまとめて見ました。

バーベキューに必要な持ち物

バーベキューコンロ

これがないと肝心なバーベキューができなくなるので必ず忘れない様にしましょう。

また川辺でのバーベキューは足元が不安定な場所が多い為、バーベキューコンロを設置する際には足元を小さい石を固めるなどして風が吹いても倒れないように工夫すると安心です。

当然ですが、火がないと食べ物が焼けないので、火の元になる炭も必要になってきます。

ですが炭に火が点くのには時間がかかる事から、バーベキューが始まる30分くらい前から準備して置くことで、その後の食べ物を焼くまでの時間を短縮する事ができます。

炭を敷く際のコツですが、着火剤となるものの周りを覆うように敷き、かつ空気の通り道を作っておくと火が点きやすいです。

キャプテンスタッグ 炭焼き名人

最近では炭に火おこしする際に便利なグッズがあり、今までなかなか火が点かなかったのが嘘かのように感じさせてくれるのがこのキャプテンスタッグの炭焼き名人。

その効果は絶大で、雨の中、湿気が多い状態でも楽に火おこしができちゃいます!

若干重いのがネックですが、今まで火おこしに苦労していた方は使って見たら感動すら覚えてしまうレベルの代物です!

着火剤

先ほどの炭焼き名人では新聞紙一枚でも十分との口コミもありましたが、それでも不安という方は合わせて着火剤を買っておくと尚良いです。

着火剤には固形タイプとジェルタイプのものがありますが、どちらも十分に火が点きますのでお好きなタイプを選ぶといいです。

またバーベキューが終わった後は火消し作業があるのですが、それは近くに川があるので火消し用の水は心配しなくて良さそうです。

食材

お肉ばかりのバーベキューも良いのですが、栄養面の事を考えると野菜も欠かせないですよね。

肉2:野菜1くらいを目安に食材選びをすると良いでしょう。

また持っていく食べ物の量ですが、あまりお腹がいっぱいにならずにバーベキューが楽しめなかったというよりかは、
少し多めでもお腹がいっぱいで大満足というほうが、バーベキューをしたという充実感もありますので、余裕のある量を持っていくのがベストです。

仮に余ったとしても持ち帰って料理をすることで処理できますので、余っても捨ててしまうというもったいない事にはならなそうです。

クーラーボックス

持っていく食材や飲みものを冷やしておくのに必要なものがクーラーボックス。

夏場だと生鮮品であるお肉や野菜は傷みやすくなってしまうので、バーベキューに出発する際には必ず冷えたクーラーボックスに入れておく事を心がけましょう。

またクーラーボックスを効果的に使うには、氷も必要になるので合わせて買っておく事を忘れないようにしてくださいね!

あると便利な持ち物5選!

テント

外だと日差しが強く、あまりにも暑いと日陰の中にも入りたくなります。

そんな時、テントを持っていけば思った以上に外が暑かったとしても中に入れば涼む事ができます。

FIELDOOR ワンタッチタープテント

テントと聞くと一般的なのはドームテントだと思うのですが、川の周辺は砂利や石が多いのでタープテントがおすすめです。

ですがタープテントは大きいので組み立てが大変そうと思われるのですが、FIELDOORのタープテントであれば、
ワンタッチで両端を引っ張るだけで組み立てる事ができ、使い終わった後もコンパクトに収納できるので、荷物の場所もあまり取らない事で利用者からの評判もいいです。

アウトドアチェア

川の周辺では足場が悪い場所が多いので、普段ならなんともない距離でも川辺ともなるといつも以上に疲れてしまいます。

そんな時、疲れた足を休ませるためにも、ふと腰を下ろしたくなったときにもアウトドアチェアがあると便利ですよ!

すぐに置いていた飲み物を取れる事から、ドリンクホルダーのついたアウトドアチェアがオススメですよ。

釣竿

普段から釣りが趣味の方の持ち物になりますが、せっかく川に来たのであればついでに川釣りも楽しんでおくべきです!

また釣った魚が食べられるものであれば、バーベキューの食材としてすぐに食べる事もできちゃいます。

もちろん釣った直後なので、鮮度は抜群でスーパーに並べられている魚とは比べ物にならないほどおいしいです。

水着

あまりにも暑くて川に浸かりたい…と思う事も多いでしょう。

普段着でも入れない事もないのですが、やはり水着のほうが思う存分に楽しめます。

シュノーケル

シュノーケルは海水浴だけではなく、川遊びでも活躍します。

息継ぎする事なく水中を楽しむ事のできるシュノーケルですが、これもまたあると便利なアイテムです。

今回はバーベキューで必要な持ち物とあると便利なアイテムをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

川でのバーベキューは直射日光に加え、水面の照り返しも強いのでマメに水分補給をして、しっかり熱中症対策する事を心がけましょう!