お出かけ

登山に持っていくと便利な持ち物をピックアップ!どんな靴を履けばいいの?

登山といえば山のレジャーの代表ですが、準備を怠るとそれなりに危険な状況に陥った時に不便です。
自然の中に入っていくわけですから、いつもと違うシチュエーションになることを忘れないようにしましょう。

今回は移動から緊急時、キャンプなど場面ごとにあると助かるグッズをいくつかご紹介します。
複数人で行く場合は、誰がどれを持つか分担するなど、効率よく用意して登山に励みましょう。

靴と服装

登山の基本は足。ということで、靴はなるべく負担が少ないものや、進みやすいタイプを選びましょう。
スパイクのように滑りを軽減するものは当然として、ぬかるんでいる場所など足場が悪いところ全般を予想して、コースと相談、履いていくタイプを選定するのが大事です。

平たんかつ小規模な山なら普段履いているような靴でもいいですが、トレッキングシューズといった専門的なものを用意しておけば、選べるコースもぐっと増えるので持っておいても良いでしょう。

ザック

キャンプで一泊するような場合は大きめのものを用意して、沢山道具を確保したいところです。
日帰りは最低限のものだけ入れればいいので、長時間背負っていて負担にならないものを選びましょう。

ポケットが多いと水筒や軽食を入れられるので、こまめに出し入れする際に便利です。

雨対策

山は突然天気が変わることもあるので、雨に遭うことも多いです。
レインコートがあるとすぐに備えられるので便利なほか、ザックに被せることで濡れずに済みます。

ゴミ袋などで代用することもできますが、着用することも考えて一着用意しておきましょう。

コンパスと地図

2つで1つとも言えるグッズで、現在位置を知るために必要です。
方角と山の部位さえ把握できれば、大体はわかりますので、迷った場合は焦らずに地図を広げてチェックしましょう。

太陽が見えているとよりわかりやすいので、慣れないうちは視界が開けている山を登った方が良いでしょう。

ヘッドライト

頭部に着用するライトで、ペンライトや懐中電灯でも代用できます。
移動はヘッドライトの方が楽なので、暗くなってきた場合に備えてザックに入れておきましょう。

足元が悪いところも照らしていけばスムーズに進めます。
予備の電池を持っておくと気兼ねなく使えます。

食事と水分補給

水筒

保温性があると確実です。
水分補給は大事なので、大きめのものを用意しておきましょう。
ペットボトルでもいいですが、ゴミにならないように持ち帰りはちゃんと心がけましょう。

甘いものは時間が経つと味が変わったりするので、お茶と水がベターです。
暑い時期はスポーツドリンクなど、塩分を含んだものも視野に入れましょう。

非常食

ポケットに忍ばせておいてこまめに補給する食事も含みます。
おにぎりやカロリーメイトなど、手づかみで一口サイズのものが良いでしょう。

ゴミが出ないように包装されているものはあまり持ち込まないなどの工夫も、出来ればしておきましょう。

こんな時にあると便利

薬箱

絆創膏、各服用している薬、消毒液などを入れておくと状況別に対応できて楽です。
転ぶことも多いので、絆創膏は多めに持っておきましょう。

消毒用の水を1リットルほど持っておけば、衛生面でも安全です。

拾得ナイフ

缶詰を開けたり、料理に使ったりするのはもちろん、邪魔な草木などを軽く切る時にも重宝します。
キャンプ時にあると助かる道具の一つ。

マナーを守るために必要なもの

ビニール袋

ゴミ収集時には必要不可欠なほか、収納にも使えるので多く持っていきたいものです。
破損してしまった道具や、濡れすぎて使えなくなった衣服をしまうにも重宝します。

分担して各自が数枚ずつ持っていけば、個々で管理したり、共有も出来ます。
防水シート代わりに使えることも忘れずに。

キャンプ道具

キャンプするとなるとかなりの荷物が必要となります。
しかし炭など、火を起こすものは現地のものでまかなうのはやめておきましょう。

ゴミ処理も考慮して着火剤と炭をセットで持っていくことを推奨しますが、ちゃんとテント張りや調理が許されているコースで行なうことを心がけてください。
狭い通路や木々のど真ん中で火を起こすなど、非常識な行為は登山のマナーに大きく反します。

カメラや腕時計など、現在位置や時間を確認するものも持っておくと便利です。
いずれも落としてしまうとショックですので、リストバンドで腕と繋げておくなど、もしもの時に備えましょう。

携帯電話やスマートフォンは電波が届かないエリアもありますが、緊急時にあると助かります。
事前にコースをチェックしては、どのルートを辿るかなど紙におこしておくのも大事な手順です。

登山は前準備が必要ですが、それだけトラブルも多く発生しがちなレジャーなので、面倒くさがらずに万一に備えましょう。