学校行事

保育園の親子遠足に必要な持ち物とは?あると便利なもの9選!気を付けるべき服装とは?

保育園でのメインイベント親子遠足。
親子で遠足に行く機会なんてこれっきりですので、張り切って行きたいですよね。

そんな親子遠足で忘れ物をしないためにもこの記事を参考にして頂けると嬉しいです!

親子遠足での持ち物

お弁当箱

最近では多種多様なお弁当箱があり選ぶだけでも一苦労…
ですが、遠足でのお弁当箱はペーパーランチボックスで決まり!

行きでは中身が入っているので普通のお弁当箱と変わらないものの、お弁当を食べた後には紙なので折りたたんで持ち帰るか、
そのまま捨てる事もできるので帰りの荷物がかさばらないという事もあり、ママ友達に定評があります。

また人気キャラクターのペーパーランチボックスもあるのでその中にお弁当を詰めていけば子供達も大喜び間違いなしです!

水筒

これは持ち物として忘れる方は少ないと思いますが、具体的にどんな水筒を選べば迷われている方も多いのでしょうか?
まだ保育園の小さなお子さんとなると手元がおぼついていて水筒を倒してしまうという事が考えられます。

そんな時、蓋を開けてすぐ飲めるストロータイプの水筒であれば例え倒してしまったとしても、あまり中身がこぼれる事もなく被害が少なく済みます。
ですが子供用の為、内容量が少ないという欠点があるので、保護者の方は大きめの水筒を持っておくと少なくなったら移し変えるということもできますので、水筒は親子各自1つずつ用意しておくのが好ましいです。

レジャーシート

親子の団欒の時間でもある、昼食に活躍するのがレジャーシート!
遠足会場に備え付けのテーブルの有無を気にする事無く、レジャーシートを持っていけばどこでもお弁当を広げる事ができます。

また子供のお友達や、その日に仲良くなったママ友の交友を踏まえ、予め余裕のある大きさを選んでおくとベストです!
最近では機能面、撥水性、コンパクトに折り畳める点などからコールマンのレジャーシートが人気みたいです。

救急セット

救急セットといってもそんな大それたものを用意することはなく、また大抵は引率の先生が持ち合わせているのですが、
ケガをしてしまった時に近くにいない状況も考えられますので、ひとまず応急処置ができるような「消毒液」と「バンドエイド」を持っているとケガの手当てができますので、念のためこの二つは買い揃えておきましょう。

着替え

意外と用意していなくて困ったというので多いのが子供の着替え一式です。
合間にトイレ休憩が挟まっている場合が多いのですが、遠足会場までの移動時間の長さから子供がトイレを我慢できずに漏らしてしまったときなど、
万が一に備え着替えを念のため持ち合わせておけば最悪の事態にも対応ができます。

また遠足中に子供が遊びすぎて服が汚れてしまったなと感じたときにも使えますので、荷物が多くなってしまいますがなるべく用意しておくと良いでしょう。

お菓子

子供達にとって遠足の要であるお菓子タイム。
実はこれ言い換えると他のお友達と親交を深めるお菓子交換会でもあったりします。
ですので遠足に持って行くお菓子の買出しは結構重要なんです。

このときに1人で食べれるものしか持っていないと、このお菓子交換ができなくなってしまいます。
なのでお菓子を選ぶ際には子供が1番に食べたいお菓子に加え、個別で包装されているバラエティーパックや詰め合わせのアソートを用意して行くとお菓子の時間がより充実したものになりそうです。

虫除けスプレー

雨天時を除き親子遠足の会場は基本野外の事が多いです。
その事から避けられないのが虫さされによるかゆみ。
帰宅してからかゆみでどうしようもなくなってしまう前に、事前に対策をしておくことで虫刺されによる被害を最小限に抑える事ができます。

エチケット袋

遠足での道中でバス酔いをしてしまい最悪、周囲の方に迷惑を掛けてしまう事もありえます。
なので不足の事態に備えエチケット袋を持っておけば安心感も違うはずです。

使う場面が無かったとしてもゴミ袋の代わりにもなるので持っていて邪魔になることもありません。
また事前にお子さんが車酔いしやすい事がわかっていれば、合わせて酔い止め薬も持参すると良いでしょう。

ビデオカメラ

映像を録画して思い出を形に残す事のできるビデオカメラですが、後で振り返って我が子の成長を感じられるので、小さいときの貴重な映像を残しておくのは非常にオススメです。
ですが本格的なものを買い揃える必要はなく、選ぶ際に必要なものは「手振れ補正」「ズーム機能」があるかを確認しかつ「1モデル前」の型落ちのものを選ぶといいです。

1モデル前のものは最新モデルと比べ機能面での差異はほとんどなく、安価で必要な機能のビデオカメラをお買い得に買い揃えられることができます。
これからイベント事が多くなってきますのでビデオカメラを1つ持っておくと重宝します。

親子遠足での服装で気をつける事

まず親子遠足は子供達がメインのイベントなのでお母さんが目立ってしまうような服装は慎んだほうがいいかと思われます。
過度なアクセサリーはもちろん肌の露出が高いものもNGです。

また遠足の会場は自然が広がっている場所が多いのでハチにも注意が必要です。
その事から黒を基調とした服装も避けておくとベストでしょう。(ハチの特性として黒色の物体を敵と認識する為)

理想的なのはレクリエーションなど軽い運動をする場面も考えられるので、ジーンズにシャツなどの動きやすくかつラフな服装が好ましいです。

以上の事を踏まえもう一度買いそびれたものがないか確認して思い出になるような親子遠足にしてくださいね!