冠婚葬祭

初詣に必要な持ち物とは?あると役立つものをご紹介!

1年の始まりに、その年が平穏でいられるように神社やお寺などに祈願しにいくことで、恒例行事となっている初詣。

そんな初詣ですが年に一回の行事だから、何を持っていけばいいか分からないと言う人も多いでしょう。

そこで今回は初詣に持って行く必要な持ち物と、持って行くと便利な持ち物をまとめて見ましたので、参考にしてみて下さい!

前年に使用したお札やお守り

お札やお守りのご利益の期限は1年とされており、基本的にはそのお札やお守りを買った場所で返納する事になっています。

返納する場所はというと、各神社やお寺に返納箱なるものが設置されていますので、そこに前年に買ったお札やお守りを返納する形になります。

ですが、去年と違う神社やお寺に参拝しに行くという方もご心配なく。

神社やお寺にもよるのですが、「焚きあげ」という名の焚き火がされていますので、その中に前年のお札やお守りを一緒に焚いてもらうのも返納方法の1つとなっていますので、去年と訪れる場所が違う方は「焚きあげ」で返納するのがいいと思います。

お賽銭用の小銭

お賽銭をする際に必要になります。

そうです。あのジャランジャランとでっかい鈴を鳴らした後に投げるお金の事です。

一般的には、「ご縁があるように」と「五円玉」硬貨をお賽銭用に投げる人が多いようです。

ご縁→五円と語呂を合わせたもので、実際に神社で売られているお守りの中にも五円玉が入っているとか。

どうも縁起がいいらしいので知らなかった方は是非試してみて下さい!

お守り「ご縁」があるとして5円玉を持ち歩く人もいる。縁談の纏まる神社のお守りの中身にもなっていることがある(この五円玉は当然儀式により清められた物)。神社の賽銭では5千円札は千回のご縁が有るという意味。500円玉は百回のご縁。何れも商売の取引先(ご縁)が増える様にという縁起担ぎ。45円は「始終ご縁がありますように」、15円で「十分ご縁がありますように」という意味。

引用:wikipediaより

防寒対策をしっかりする

おそらくほとんどの方が1月1日、もしくは遅くても1月中には初詣に行くと思われますが、ご存知の通り1月というとまだまだ冷え込む時期ですので、風邪を引かないためにもしっかりとした防寒対策が必要です。

また靖国神社をはじめ、知名度のある神社やお寺はお賽銭を投げるだけでも並んでいる時間が長いので、できるだけ万全の準備をしておきましょう!

アウトドアジャケット

基本的な防寒対策といったらやっぱりアウトドアジャケットですよね。

寒い場所に行くのにはやはり厚着していくのが手っ取り早いです。

最近のアウトドアジャケットは安価なモノでもしっかりしたのが多く、値段以上の防寒性をもった商品も多いです。

今持っているものが「古くなってきたな…」と思ったら買い換えてみるのもいいかもしれません。

マフラー

首元は体温の影響を受けやすい部位である事から、寒い中でマフラーをしているだけでも体がポカポカしてきます。

マフラーの中でも特にオススメなのがカシミヤ素材のマフラーです。

一般的なマフラーと比べると値が張りますが、肌触りがすごくいいのでとても気に入っています!

手袋

待ち時間の間にスマートフォンやタブレットをチェックする事もあるでしょう。

そんなとき「スマホ対応手袋」を着用していると手袋を外さずにスマホやタブレットを操作する事ができます。

最近では、NIKEやPOLOなどの有名ブランドからも、スマホ対応手袋がリリースされていますので、デザイン性にも優れています。

マスク

やはり恒例行事というだけあり、人の数は尋常ではないです。
そこで心配されるのが、風邪をうつされること。

もちろん風邪を引きながらも初詣に来る人は少ないとは思うのですが、風邪のウィルスは症状がでるまでの潜伏期間があるといいますから、人ごみが予想される場所ではしっかりとマスクで風邪の予防をしておきたいところです。

風邪を引かないためにもマスクの着用と、帰宅後の手洗いうがいを忘れないようにしてくださいね!

ホッカイロ

寒い冬の環境ではやっぱりホッカイロですよね。

暖かい飲み物を手に持ってホッカイロ代わりにするのも良いのですが、いずれ冷めてしまいますのでそんなときにホッカイロがあると手がかじかむ事もありませんよ!

張るタイプのホッカイロであれば、肩甲骨の間やおへその下、おしりと腰の間に張ると効果的です。

ですが、やけどの恐れがありますので張るときは、必ず衣類の上から張るように心掛けましょう!

モバイルバッテリー

初詣中にスマホの充電が切れてしまったときに役立ちます。
もしもどうしてもスマホの電源を入れなきゃいけない場面になった時にこれがあると非常に助かります。

自分はどうしてもスマホを使わなければならないときに、毎回コンビニにある乾電池式の充電器を買っていたのですが、これを持ってからというもの結果的に節約にも繋がりました。

また初詣に限らず出先でどこでも使用できることから、まだ持っていないのであれば1つ持っておくと重宝しますよ!

今回は初詣に必要な持ち物と、あると役立つものをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

年に一度の大事な行事ですので、しっかり持ち物の確認をして、忘れ物の無いようにしてくださいね!