国内旅行

沖縄旅行に持っていきたい持ち物とは?暑さ対策はどうするべき?

更新日:

日本でも有数の観光地であり、美しい海をはじめとする自然を持つ沖縄。
常に旅行者が訪れることでも知られている土地で、名所となるスポットもたくさんあります。

今回は沖縄旅行を中心に、訪れる際に持っておいた方が良いグッズをピックアップしていきます。
良い想い出や本土から離れているこの島の歴史を学ぶ時のご参考になれば幸いです。

まずは寒暖対策

沖縄は気候が日本本島と少々異なり、常に暖かい地域として知られています。
25度前後が当たり前で、かなり早くから30度、真夏日と呼ばれる状態になることも多いです。

着替え

ビーチに行く時はもちろん、街中を歩く際にも気温の高さには気を付けたいもの。
ホテルに着いたら、まずは旅行前よりも軽装の恰好にしてみましょう。

少し薄いくらいが気温の高さと相まってちょうど良いかと思われます。
観光用で売られていることも多い、ハワイシャツも沖縄ではよく見る光景です。
脱ぎ着がしやすい格好に統一しておくことがポイントでしょう。

日差しの強さに備えて、サングラスや帽子などの日除けを持っていくのも重要です。

サンダル類

ビーチに行く場合はサンダルは必須です。
海が綺麗な沖縄ですが、それでもゴミが捨てられていることもある悲しい事実もあるため、足を守るために厚手のものを履いていっても良いでしょう。
街中を歩く場合はより厚く、足に負担のかからないタイプをお勧めします。

街中を歩く時に

観光スポットが多い沖縄は市街地でも見どころが沢山。
歩き回るためにはそれなりの準備をしてから、外に出てみましょう。

ビーチ同様、日差しが強い日もあり、何より気温の高さは要注意。
熱中症対策として水分を常に補給するのも忘れないようにしましょう。

観光ガイド

沖縄は市街地から、少し離れた神社仏閣などの名所まで、飛び石で点在するために移動が少し複雑です。
バスなどの路線も含めて、訪れたい場所の情報をこれらガイドブックで仕入れておくと、当日が楽になります。

石垣島など、島をまたぐ観光地は移動がそれなりに大変ですので、各交通機関の時間帯なども欠かさずチェックしましょう。
こちらはガイドよりも現地の施設に直接訪ねた方が早いです。

歴史的建造物、特に戦前戦後にまつわる日本史上のものは観光ガイドからは省かれがちなので、個人的にこうしたスポットを回りたい人は事前にインターネットなどで所在地をチェックしておくことを推奨します。

モバイル用品一式

沖縄の名所は都市部から離れている所も多く、電波が届かないエリアもしばしば。
名所観光する際にはスマートフォンなどの電源を切って、集中したいものですが、もしもの時に備えて連絡手段を用意しておきましょう。

モバイルバッテリーがあると気軽に使えるほか、モバイルルータも電波のエリア内なら何処ででも使えます。
キャリアにもよりますが、一つ持っておくだけで安心できます。

また、離島の民宿などは充電周りのサービスが都市部のそれよりも普及していないこともあるため、持参しておきましょう。

島で遊ぶ時に

離れた島が観光スポットになっていることも多く、海水浴もそこに多くの人が集まりがちな沖縄ですが、上記のように、全てのスポットにインフラがあるとは限りません。
売店などもないことが多いので、レジャー用品はちゃんと用意しましょう。

日焼け止めなどはコンビニでも売っていますが、ある程度奥深くまで行くと、そうした施設もないために、現地調達の場合は宿泊施設や空港の周りで揃えるようにしましょう。

ビニールシートや携帯椅子

ピクニックに使うようなグッズがあれば、ここでも十分に役立ちます。
砂浜の上に寝そべるには抵抗があるという人はビニールシートを、腰かけて休みたい人は携帯椅子を買って、小脇に抱えておきましょう。

カメラ用の三脚

集合写真を撮る時はもちろん、海が近いと濡れてしまう危険性があるため、地上で撮ることが殆どな沖縄。
砂浜で安定させるにもこれが必要です。自撮り棒は市街で便利ですが、やはり両手が空く三脚の方がビーチでは頼りになります。

着替えや洗面道具

離れた島の施設ではすべてを用意してくれるわけではないため、あらかじめ自分で用意することが重要です。
何でもホテルだからと任せきりにするのもいけないので、施設の情報は前もって確認しておきましょう。
ドライヤーや洗髪料などは優先して確保したいものです。

海にもよりますが、スキューバダイビングなども楽しめるところにはシュノーケルなどを持参しておくとさらに楽しめるでしょう。
何でも揃っていることに慣れ過ぎていると不便が煩わしく感じることもあるでしょうが、そんな不揃いの環境を楽しむのも離れた土地のレジャーならでは。

恵まれすぎている都心のサービスとは異なる歓待を是非とも受けに行ってみましょう。

ほかの国内旅行への持ち物は以下を参考にしてください。

東京
名古屋
沖縄

-国内旅行

Copyright© 持ち物.com , 2019 AllRights Reserved.