冠婚葬祭

葬儀の時に忘れないようにしたい持ち物とは?今一度チェックしよう

葬儀は最期のお別れとなる大切な行事。
そんな時に忘れ物をして、しまりがなくなってしまうと悔やみきれないこともあるでしょう。

今回はそんな葬儀に合わせて持っておきたいものをピックアップ。
最低限必要なものから、あると助かる小物までチェックしていきましょう。

必需品

身に着けるものが殆どです。
スーツ専門店などで、サイズを丁寧に見繕ってもらって用意する人が多いでしょう。

あまり使いたくない類の服ですが、一度買っておくと、何度か機会が訪れた時に助かります。
男性女性でスーツの形状が違うため、それぞれ吟味して買いに行きましょう。

喪服

葬儀のマナーとして着ていかねばならないのが喪服です。
紺が混じっていることが多いスーツとは違い、完全に真っ黒なものが望ましいでしょう。

汚れが目立ちやすいので、葬儀後の集まりの際に食事で汚してしまわないように気をつけたいところです。

インナーのシャツは白のワイシャツが基本です。
こちらも汚れが目立ちやすいので、新しく買うなら新品を、保管時はクリーニングに出すことが必須です。
常に清潔を保っておくことで、葬儀の気品を落とさずに参加できます。

冬はコートを羽織ることもありますが、こちらまで真っ黒にする必要はありません。
式場内にはクローゼットやハンガーなど、上着を保管するスペースがあるものなので、施設をよくチェックしておきましょう。

ネクタイも当然黒。
変に柄やグラデーションがかったものは禁止です。

これも真っ黒な靴にするのが望ましいです。
スニーカーのような運動靴はカジュアルすぎるため、革靴が良いでしょう。

これも新品が望ましく、葬儀用にストックしておくことを推奨します。
歩き回る行事ではないので暑さはそれほど気にする必要はないですが、火葬場などを歩くこともあるため、動きやすいサイズを買うようにしましょう。

香典

供え物として用意するのが香典です。
香典袋と言われる小さな袋に入れて、お供えします。

故人が好きだったものを思い返して、袋に入るサイズの範疇で探しましょう。
最後のたむけとなるものなので、じっくりと考えてお供えしたいものです。

袱紗

ふくさ、と呼ばれるもので、これは香典袋をくるむものとして知られています。
これは柄や素材により価格が大きく変わるので、自身の予算と理想に合わせて用意しましょう。

あると助かる小物

数珠

葬儀ではよく見かけるものの一つで、小さなものを胸ポケットに入れておくとすぐに出し入れできます。
拝む時に手にしておくと、式にあたっての礼儀が完璧にこなせます。

数珠は木製のものやプラスチックのものなど、バリエーションが豊かなので、自分に合うものを探しては用意しておきましょう。
あまりに大きすぎると収納に困るので、手のひら大くらいが理想です。

仏教式の葬儀では必要なものですが、そうでない場合は用意しなくても良いので、故人の式の形態に合わせましょう。

ハンカチ類

式内では直立して読経を拝聴するなど、じっとしている場面も多いです。
その間に鼻水などが出てしまうこともあるので、顔を覆うハンカチがあると助かります。

夏に行なうものでは、式場内の冷房が追い付かず汗をかいてしまうこともしばしば。
顔の周りを拭けるものが一枚あれば、スムーズに式を見届けられるでしょう。

タオルなどはかさばるほか、見た目も悪いので要注意です。

バッグ

バッグも喪服や靴と同じで黒、布や革がスタンダードです。
目立たない色にしておきましょう。

中には数珠や香典など、上のグッズを一通り入れておくものですが、式後に承ったものなどを持ち帰る時に便利です。
貴重品なども全てここに収納して、自分で手に持っておきましょう。

手袋

布製の真っ白あるいは黒が主に使われます。
焼香の際には外すのが礼儀なので、その時までは外しておきましょう。

日差しが強い日などでは、会場に向かう時から着けておくのも良いでしょう。

急な葬儀の時などはスーツが用意できないケースもあります。
その場合は極力、本来の正装に近い格好をしていきましょう。

そのためにカジュアルなもの以外の、服装を保管しておくことが大事です。
ワイシャツや黒のズボン、ベルトは常にクローゼットに入れておきたいものです。

お花を持っていく人も多いですが、沢山の量の場合はあらかじめ式場や喪主に尋ねて、どう持っていけば良いかを確認しておきましょう。
棺に入れる場合は量に限界こそありますが、そのまま手渡しで式場に向かいましょう。

式中は物音を立てない、焼香もまごつかないなど、葬儀中のマナーこそ一番大事な持ち物と言われていますが、こちらも初めて参加する時や、久々に参列する時に備えて前もって確認しておきましょう。