お出かけ

ツーリングに必要な持ち物とは?確認しておきたいライダー装備まとめ

今回はツーリングをするときに必要なライダー装備一式をまとめました。

休日にバイクで遠くまで行くことは気分がリフレッシュしていいですよね。
しかし、事前準備で忘れ物をしてしまうと、満足なツーリングができなくなってしまいます。

ライダー装備をきちんとそろえておかないと、万が一転倒したときには大きな事故につながりますし、あまりの寒さや急な雨風に対応できず、体調を崩してしまうかもしれません。

そうなれば、せっかくのツーリングが台無しになってしまううえ、日常の生活にも支障がでてしまいます。
快適なツーリングができるように、しっかりとライダー装備を準備しておきましょう。

ぜひ、最後まで目を通して、初めてのツーリングで何が必要なのか確認してお役に立ててください。

最低限必要なライダー装備

ヘルメット

ヘルメットはバイクに乗るときには必須となってきます。
事故が起きたときの頭へのダメージを軽減するのはもちろんのこと、雨風を防ぐためでもあります。

ツーリングとなると、長時間ヘルメットを着用することになるので、なるべく被っていても疲れない・頭が痛くならないヘルメットを選びましょう。

高速道路など、スピードをだして走行する場面で、虫やゴミからの衝突から守るためにフルフェイスのヘルメットをおススメします。

仲間との連絡や曲を聴きながらツーリングをするために、スピーカーとマイクが内蔵してあるヘルメットにすれば、快適で楽しいツーリングができるでしょう。

インナー

長時間のツーリングに備えて、体を守り、快適な状態を保つことのできるインナーを着用しましょう。

インナーには、風にあたり体温が奪われるのを防ぎ、体を温める効果のほかにも、体の熱を逃がし冷やす効果もあります。
季節や気温に合わせて、適切なインナーを用意することをおすすめします。

ライディングジャケット

ライディングジャケットは通常のジャケットは違い、バイクに乗る用につくられているため、より頑丈につくられています。
肩パッドや肘パッドが入っているので、安全性もかなり高いです。

さらに、ライディングジャケットは体を守るだけでなく、風の抵抗を受けにくいようにつくられているため、長時間のツーリングでも疲労が蓄積されにくくなります。

夏場は長袖で非常に暑く、冬場は冷たい風によって非常に冷えるので、シーズンやシチュエーションに合うライディングジャケットを揃えておくと大変便利です。

グローブ

バイクに乗る際はグローブを装着しましょう。万が一、転倒したときに一番皮膚の弱い手を保護してくれます。
グローブは転倒したときの保護以外にも、アクセルやクラッチ操作など、手へのダメージも軽減します。

また、長時間のツーリングでは、手の疲労をかなり抑えることもでき、汗ですべることもなくなるので、操作性も良くなります。
結果的に事故も未然に防ぐことができるので、準備しておきましょう。

ライディングパンツ

ライディングパンツは基本的に、膝や腰周りにプロテクターが装備されており、転倒しときの受ける衝撃を緩和してくれます。

また、シート座面やタンク、フレームといった接触部分へのダメージを受けるところが多いため、強度の高い生地を使用しており、パンツへのストレス対策もほどこされています。

快適なツーリングを目指しているのであれば、ライディングパンツの通気性・防水性・浸透性を基準に選んでみたらいいでしょう。

ブーツ

脱ぎ履きのしやすさや、デザインの豊富さからスニーカーを選んでしまうかもしれませんが、バイクに乗るときはライダー用のブーツを履くことおすすめします。

ライダー用のブーツはつま先に補強が入っています。
これによって、ギアチェンジがしやすくなり、スニーカーに比べ耐久度もあがります。

さらに、ライダー用ブーツはくるぶしまでが隠れるようになっているうえ、ギアチェンジの操作に重要な足首は柔軟性も確保されており、非常に快適で安全なツーリングができます。

レインウェア

急な雨や緊急時の防寒着としても使えるのがレインウェアです。
防水性のあるジャケットでも、濡れたままお店などに入店するわけにはいかないので、持っておいた方がいいでしょう。

天気予報が晴れであっても、山間部など天候の変化が激しいところや、急なゲリラ豪雨で活躍します。

レインウェアに合わせて、ブーツカバーもそろえておくと重宝する場面が多いです。

防寒用具

陽が落ちると気温がグッと下がり、山間部では温度差が激しいので、夜なんかはバイクで走るとかなり寒くなります、

防寒対策として、いかに風の侵入を防ぐかが大事になってきますので、ネックウォーマーなどの着用もおすすめです。

もっとも重要な防寒ウェアに関しては、袖口からの風の侵入を防ぐ、リストガードが付いていたり、首回りの防寒用に襟を立てられるようになっていたりと、細部まで防寒対策が施されているのものがいいでしょう。

帽子

必須ではないですが、長時間のツーリングをしていると、ヘルメットの重さで髪がつぶれてしまうので、それを隠すために帽子をもっておいたほうがいいでしょう。

以上がツーリングに必要な持ち物です。

ライダー装備だけでも、多いと思いますが、
自分の身を守るためにはそろえておきましょう。

万全な準備をして、余裕をもって楽しいツーリングができるようにしておきましょう。
車を運転するのとは違い、風を切りながら走れるのはバイクならでわです。

ぜひ今一度、今回のライダー装備一式を参考に準備を進めていただければ幸いです。